運輸安全マネジメント | 岡山県の観光バスはカヨー中央観光バス

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針・目標及びその達成状況

①輸送の安全に関する基本的な方針

  • 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であるため、安全管理規程に定められた事項を厳守し、現場の安全に必要な事項を明確にして、一致団結輸送の安全に取り組みます。

  • 輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(P.D.C.A)を確実に実施し絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

  • 輸送の安全に関する情報については積極的に公表します。

②2021年度 輸送の安全に関する目標

  • 有責事故 0

  • 違  反 0

  • アルコール検知器使用率 100%

  • 乗務員教育の徹底

  • 親切な接遇の実施

  • 健康に起因する事故の発生防止

  • 車両の日常・定期点検実施の徹底

事故に関する統計

2019年度結果
有責事故件数 0件
他責事故件数 0件
人身事故件数 0件
車内人身事故件数 0件
物損事故件数 0件
重大事故件数 0件
軽微事故件数 0件
違反件数 0件
2020年度結果
有責事故件数 0件
他責事故件数 0件
人身事故件数 0件
車内人身事故件数 0件
物損事故件数 0件
重大事故件数 0件
軽微事故件数 0件
違反件数 0件

③2021年度 目標達成のための計画

  • 運行管理者は社内で決められた乗務員教育を確実に実施し、指導・教育します。

  • 運行管理者は点呼の際、飲酒検知器を確実に使用し、体温測定を実施します。

  • 運行管理者はドライバーの健康診断結果を把握し、必要な指導がある者に、教育します。

  • 整備管理者は、決められた法定点検及び日常点検等を確実に実施し、不備が見つかったときは、直ちに対処します。

  • 会社全体で、接遇のための指導をします。

  • ヒヤリハット会議、安全会議を開催し情報を共有し活用します。

運輸安全マネジメントpdf >

安全管理規定

弊社既定の詳細は下記ボタンからファイルをダウンロードしご確認ください。

安全管理規定pdf >

輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

  • ドライブレコーダー(国土交通省認定機種)の導入

  • SAS(無呼吸症候群の検査)

  • NASVAの安全マネジメント講習年3回

  • 中型車両更新

輸送の安全に関わる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

詳細は下記ボタンからファイルをダウンロードしご確認ください。

輸送の安全に関する情報の伝達体制・その他の組織体制

弊社既定の詳細は下記ボタンからファイルをダウンロードしご確認ください。

輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

弊社教育・研修の詳細は下記ボタンからファイルをダウンロードしご確認ください。

安全統括管理者に係る情報

総括責任者 鎌田 健司

運転者・運行管理者及び整備管理者に関わる情報(貸切バス事業者)

統括運行管理者 鎌田 洋江
運行管理者 鎌田 健司
整備管理者 鎌田 健司
運転者 5人

事業用自動車に係る情報(貸切バス事業者)

大型 1台
中型 2台
小型 1台
マイクロバス 1台
合計 5台

バスのご予約・各種お問合わせはこちらから

バスのご予約・各種お問合せなど、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。